はげ 遺伝

シャンプーを変えることで育毛ケアに|はげの遺伝

薄毛対策というのは、髪の毛が薄くなってから始めても遅いもので、髪が抜ける前から行っておかなくては意味がありません。

 

理想を言えば、ホルモン分泌が減少しつつある20代中盤から後半には育毛ケア始めておきたいものですが
まだ薄毛になっていない状態から強い薬剤を利用するというのも問題があります。

 

そんな20代の頃から行いたい育毛対策として、
シャンプーの品質を考えるという方法があります。

 

育毛シャンプー

通常のシャンプーというのは、洗浄成分に石油系の成分を使っています。

石油系の洗浄成分は、低価格で洗浄効果が高いというのが特徴なのですが、刺激が強すぎて頭皮に良くありません。

 

そこで、アミノ酸系の育毛シャンプーに変更するのです。
アミノ酸系の洗浄成分は、石油系に比べ高価格であり洗浄成分も劣りますが、刺激がマイルドで頭皮への負担は非常に小さいものとなります。

 

毎日シャンプーをするならそこまで強い洗浄成分は必要ありませんし
逆にある程度の皮脂を残して肌を守ってくれるアミノ酸系の方が髪の毛には良いのです。

 

頭皮の状態一つで薄毛が始まる時期をぐっと遅らせることも可能ですから、シャンプーの質にこだわることも考慮しましょう。

 

>>はげは遺伝するは本当?【母方と父方どちらが優勢なのか!】に戻る